ピラティスで身体と向き合う ~肩甲骨~

大人から始める & のレッスンを行っている、AUダンススペースの内野です。


ピラティスは、自分の身体の状態と向き合い、身体の状態を感じやすいレッスンだと思っています。

身体の状態は、いつも同じではなく、一日の中でも常に変化しています。
そして、良くない状態が続けば病気になったり、怪我にもつながります。
そうならないためにも、出来る限り、自分の身体の状態を知り、予防したいものです。

そんなピラティスでのレッスンで、肩甲骨を取り上げてレッスンをしました。


ピラティスレッスンでは、ただ身体を動かすだけでなく、ゆっくりと意識して使うことで、
☑肩甲骨を動かす感覚。
☑動かすことで肩甲骨回りが楽になった感覚。
☑身体の左右のバランスの違いの感覚。
などを感じてもらえました。


また生徒さんたちの中には、ピラティス経験のない方もおられ、『なかなか上手く動かせない部位がある』と言う方もいらっしゃいましたが、何も心配はいりません。
上手く動かせない部位があると知ることも発見✨
とても大切なことなんですよとお伝えしました。

ピラティスレッスンの後のクラスにはバレエレッスンを入れています。
ピラティスで動かした身体を、バレエではどのように使うのか、連動して学んでもらうためのレッスン構成です。

生徒のみなさん、いつもに増して、自分の身体に対しての意識ができていました。
呼吸や肩甲骨を使って腕を動かす、身体の左右のバランスを感じるなど、ピラティスでレッスンしたことが感じられたと話してくださっていました。
講師としては、身体を使って踊ることを体感してもらえて嬉しいレッスンとなりました。

当教室では大人の方を対象にしているので、いきなりハードなレッスンをするのではなく、基礎を大切にしながら、身体に負担が少ない方法で、動ける身体を作っていくためのレッスンを行っています。
とはいっても、身体を動かすので、爽快感やできる!を感じられるように工夫しています。
気になられた方はぜひ下のお問い合わせボタンからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。