片脚で楽に立つ方法

大人から始める   のレッスンを行っている、AUダンススペースの内野です。

先日は『片脚で楽に立つ方法』というテーマでレッスンをしました。

皆さんが日常生活の中で片脚になるのは、どんな時だと思いますか?

実はこの質問、レッスンに来てくれていた生徒さんたちにも同じことを聞きました😁

生徒さんは『(日常生活では)階段を上り下りする時に片脚になります』と答えてくれました。

正解❗️流石です😊

また、階段の上り下り以外にも、歩く時や走る時も片脚になっています。

私たちが座ったり寝転がるなど、両脚で立っている時以外は、ほぼ片脚で立つ動きを自然と行ないながら日常生活を過ごしていることになります。

さらにパフォーマンスをする人たちは、片脚の状態でポーズをとったり、回転技やジャンプをする動きも出てくるので、片脚で立つという動きは欠かせない動作になります。

今回注目したのは、お尻のとある筋肉です。

この筋肉に、効果的なトレーニングを行うことで、最初は片脚で立つことが難しそうだった生徒さんも、段々と安定して片脚で立てるようになってきました✨

当教室では大人の方を対象にしているので、いきなりハードなレッスンをするのではなく、基礎を大切にしながら、身体に負担が少ない方法で、動ける身体を作っていくためのレッスンを行っています。
とはいっても、身体を動かすので、爽快感やできる!を感じられるように工夫しています。
気になられた方はぜひ下のお問い合わせボタンからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。