慢性的なだるさを改善するツボ

大人から始める   のレッスンを行っている、AUダンススペースの内野です。

夏の暑い日が続いたり、忙しい日が続くと、疲れが出て、全身にだるさを感じることはありませんか?

今回は慢性的なだるさを改善するために効果的なツボ志室(ししつ)について書きます。

志室は、腎臓の働きを活性化させる効果があると言われています。

腎臓の働きが活発になると、全ての臓器の機能が調整されるため、全身のだるさを改善することができます。また、疲れにくい身体作りにも効果的です😊

志室のツボを押す方法

①志室のツボは、腰の位置にあります。ウエストライン上で、背骨から指幅4本分外側(左右)にあります。

②①でツボの位置を見つけたら、親指を当てて、身体の中心に向かって、左右同時に押して行きます。

*押す時、息を吐きながら、腰を少し反らすようにすると押しやすくなります。

*力加減は個人差がありますので、心地よい程度で行ってください。

当教室では大人の方を対象にしているので、いきなりハードなレッスンをするのではなく、基礎を大切にしながら、身体に負担が少ない方法で、動ける身体を作っていくためのレッスンを行っています。
とはいっても、身体を動かすので、爽快感やできる!を感じられるように工夫しています。
気になられた方はぜひ下のお問い合わせボタンからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。